既婚者同士の不倫が行われる理由はどの様なものか

既婚者同士の不倫の事をダブル不倫と言いますが、このダブル不倫をしてしまう方達は近年になって急増していて、ダブル不倫する方は通常の不倫とは違う点に魅力を感じています。

そもそも、不倫と言うもの自体がある種の刺激になってはいるのですが、お互いに結婚していると言う点にはメリットとも呼べるポイントが多いです。

関係に結論を出さなくて良い

一般的な不倫と言えば既婚者と未婚者になりますが、この場合は既婚者の側には離婚するか関係を清算するかなど、最終的に何らかの結論を出す必要に迫られる事が多くなります。

しかし、ダブル不倫であればその様な結論を出す必要はなく、お互いに家庭を持ったまま関係を続けていく事ができ、言わば割り切った大人の付き合い方が可能です。

その為、バレた時には大きな問題になりますがある意味では気楽な関係を構築できますし、何よりもお互いに本気にならずに済むと言う点が大きなポイントになります。

理想的な恋愛ができる

こちらはお互いに家庭を持っているという事から、言わば現実逃避の手段としてダブル不倫する方も多く、既婚者同士であれば自分の思い描くような関係を作る事ができます。

一般的な不倫の様に家に帰ればどちらかが一人という状況を気に病む必要はありませんし、両方が一時的な恋愛関係を思う存分楽しめる点に魅力を感じる方は多く、特に日常生活に不満を持っていなくとも行われているダブル不倫は多いです。

その為、通常の不倫と比べて思い悩むポイントが少ない事からダブル不倫はバレにくいとされ、そのメリットがさらにダブル不倫を推し進める要素にもなっています。

また、基本的に男性でも女性でも結婚すれば男女から配偶者に関係が変化してしまい、恋愛対象と言うよりも家族という意識が強くなってしまうので、多かれ少なかれ不満を抱く可能性は高いです。

したがって、ちゃんと女として扱ってもらったり男として見てもらえる事は非常に魅力的で、ここでストレス発散して配偶者への不満を解消するという意味でもダブル不倫をする方は多くなっています。

相手の嫌な面が見えにくい

基本的に不倫というものは配偶者への不満が発端である事が多いのですが、この不満と言う物は一緒にいる時間が長ければ長いほど嫌な部分が見えてしまう事が原因で感じられます。

その為、自分の配偶者に不満を感じてしまう方は多く、ダブル不倫では限られて時間でしか会う事ができないのでこの問題がクリアされ、そこを魅力的だと感じる方も多いです。

また、相手の欠点が見えにくいというのは上記の理想的な恋愛にも大きく影響していて、理想的な相手と理想的な関係を持てる事はダブル不倫最大のメリットだとされています。

さらに、このポイントは関係を長続きさせるカギにもなっていて、不倫相手に不満を感じない事はまた会いたいという考えにつながり、ダブル不倫は割り切った関係でありながらキチンと恋愛ができるというメリットの大きな関係です。

日常生活には無い刺激

不倫と言う物は非常に刺激的なものであり、人間は退屈を感じると刺激を求めてしまう傾向が見られるので、あまり変化の無い結婚生活を退屈と感じてしまうと不倫に走ってしまうようになります。

その為、両方が日常生活に退屈を感じているのでダブル不倫が行われるケースは多く、その場合は日常生活では得られない刺激が病みつきになってしまう可能性も高いです。

なお、人間はある程度の緊張感はプラス方向に働くようになっていて、男性であれば仕事を精力的にこなせるような活気が出る事がありますし、女性の場合は家事や育児をする事に張り合いなどを感じるとされています。

さらに、退屈を感じなくなる事は不満が解消されていることを意味しますので、配偶者にも優しくなれる傾向もありダブル不倫を行っている方達の中には、不倫をしているからこそ自分の家庭が上手くいっていると言う方もいらっしゃいます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です